ベイビー

肌が弱い赤ちゃんに起こりやすい乳児湿疹はしっかりとケアする

ベビーのスキンケア選び

親子

習慣にしたい紫外線よけ

赤ちゃんの繊細で綺麗なお肌。なるべく大切に守ってあげたいですよね。昔は、赤ちゃんに日光浴をさせることが推奨されていましたが、今やオゾン層の破壊などにより、過度な紫外線に当たることがお肌に良くないとされています。赤ちゃんの皮膚はとても薄いため、余計に影響を受けやすいのです。シミ・そばかすやほくろの原因にもなりますので、赤ちゃんにも日焼け止めを塗ってあげましょう。紫外線が強いのは夏だけではありません。日焼けをしなくても、紫外線は年中降り注いでおり、春先から秋口にかけては特に多くなります。季節を問わず、日ごろから日焼け止めを塗っておくことを習慣づけるとよいですね。では、赤ちゃんに塗る日焼け止めはどのようなものが良いのでしょうか。

ノンケミカルなものを

まず、赤ちゃんには紫外線吸収剤が入っていないものをおすすめします。紫外線吸収剤とは、お肌に浴びた紫外線エネルギーを、熱や他の物質に変えるもので、長時間作用する反面、肌への負担が大きいのが特徴です。紫外線散乱材という、お肌の上で紫外線を跳ね返す成分のものの方が肌への負担が少ないのでこちらを選ぶと良いです。紫外線散乱材使用、紫外線吸収剤フリー(不使用)、ノンケミカル処方、などの表示がある日焼け止めを探してみましょう。そして、SPF,PAという表示をよく目にするかと思いますが、こちらは赤ちゃんのお肌にとっては数値が高ければ良いというわけではありません。数値が高いと効果も高いのですが、お肌への負担もその分大きくなるのです。そして、防腐剤が入っているものもなるべく避けてあげると安心ですね。赤ちゃんの場合は汗っかきですぐに流れてしまうということもあるので、こまめに塗りなおしてあげることも大切です。